- 当サイトは広告を掲載しています -

秋の花々 – ヤリゲイトウ・シュウメイギク・ハナトラノオ・コスモス・ホオズキ

写真:ハナトラノオ

こんにちは、サシャ(@sashalog_com)です。

今回は「秋の花々」についてのお話です。

目次

ケイトウ

写真:ケイトウ

ヒユ科ケイトウ属の一年草・ケイトウ(鶏頭)

ケイトウは大きく分類すると花序が縦に伸びるタイプ花序が平たく広がるタイプに分けることができるのですが、こちらのケイトウは花序が縦に伸びるタイプのケイトウです。

シュウメイギク

写真:シュウメイギク

キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草・シュウメイギク秋明菊)

一枝でも大変見栄えが良いシュウメイギク。

お花も蕾もコロンとしており可愛らしく優雅な佇まいではありますが、地中の根は太く長く伸び、いたる所から顔をのぞかせます。

写真:シュウメイギクの蕾

お隣のホオズキがグイグイと迫ってきて迷惑そうでしたので、ホオズキの数をちょいと減らした次第にございます。

ハナトラノオ

写真:ハナトラノオ

シソ科ハナトラノオ属の多年草・ハナトラノオ(花虎の尾)

ハナトラノオは耐暑性や耐寒性に優れており、手間隙をかけずとも地下茎でどんどん増えていく、とても丈夫なお花です。

ハナトラノオが育っている花壇では、春にはラッパスイセンヒマラヤユキノシタプリムラが、初夏にはスズランが、夏にはキリンソウイトランが育ちます。

有難いことに、どの種も駆逐されることなく毎年お花を咲かせてくれております。

地上部のお花同士は仲睦まじいようですが、地下の根っこ同士は…どうなんでしょうかね。

コスモス

写真:コスモス

キク科コスモス属の一年草・コスモス

昨年の我が家のコスモスは、近くにあった堆肥が大雨により流出した結果、高さが3mまで達してしまいました。

その遺伝子を受け継いだ今年のコスモスも、昨年と同じくらいの成長を遂げました。

高く成長してしまうと雨風の影響をまともに受けてしまうのですが、花も葉っぱも茎もしなやかなコスモスは、倒れることはあっても折れることはありません。

しかし、倒れない代わりに以下の画像のように滅茶苦茶に絡み合ってしまう場合があります。

写真:強風で倒れてしまったコスモス

こうなってしまった場合はお花を切り取って、花瓶などに飾ります。

写真:花瓶に飾られたコスモス

ということで我が家は現在、コスモスで溢れかえっております。

ホオズキ

写真:ホオズキ

ナス科ホオズキ属の多年草・ホオズキ(鬼灯)

ホオズキは初夏に花を咲かせ、お盆頃から萼(がく)の部分が発達して袋状になり、熟すとオレンジ色になります。

お盆にホオズキを飾る地域もありますが、我が家ではお盆に飾ったりはせず、もっぱら観賞用となっております。

上記画像のホオズキの大きさは通常のホオズキの倍近くあるのですが、なぜこんなにも大きく育ってしまったのかは不明です。

お隣のシュウメイギクにグイグイと迫っていっておりましたので、ちょいとお灸を据えておきました。

その他

イチイの実

写真:イチイの実01

イチイ科イチイ属の常緑高木・イチイ

イチイは東北地方ではオンコと呼ばれており、我が家でもオンコと呼んでおります。

イチイは雌雄異株で、雌木には秋に真っ赤に熟した甘みのある果実が付きますが、真っ赤に熟した果実以外は有毒です。

特に果実の中央にある種はとても毒性が強く、誤って食べてしまい死亡した例もあります。

葉にも有毒成分が含まれております。

つまり、イチイの毒は実以外全部です!

とても美味しそうに見えますが、眺めるだけに留めておくことをオススメします。

写真:イチイの実02

ところで、毒があるのを知ってから知らずか、この実を狙って鳥達がやってきます。

よくやって来るのはヒヨドリなのですが…、毒、大丈夫なのでしょうか。

オオヤマトンボ?

写真:オオヤマトンボ

秋になると、毎年のように我が家に迷い込んでくるトンボ達。

屋外に逃すために捕まえた上記画像のトンボ、はじめはオニヤンマかと思ったのですが、何かが違う…。

こちらのトンボ、オニヤンマよりは一回り小さく、頭部や胸部に金緑色の光沢があります。

また、オニヤンマの仲間は両眼が1点のみでくっついているのですが、こちらのトンボはもうちょとくっついております。

ということで、オオヤマトンボかな、と。

とても綺麗なお目々の持ち主でございます。

ヤブキリ

写真:ヤブキリ

お盆頃から我が家の敷地内のあちらこちらで見かけるようになった、ヤブキリ

昨年まではほとんど見ることはなかったのですが、近くに良い餌場でもあるのでしょうか、今年は飛んでいる姿を頻繁に見かけます。

脱皮を重ねるごとに肉食性が強くなり、何でも食べる悪食の昆虫、ヤブキリ。

お近づきになりたいような、なりたくないような。

まとめ

今回は「秋の花々」についてご紹介しました。

秋の花々の種類は春や夏程多くありませんが、開花期間は長めのものが多いです。

お花の周りを飛び回るバッタやキリギリス、トンボやコウロギといった昆虫が見られるのも、この季節ならではの風景です。

昆虫さん達、敷地内を飛び回るのは構いませんが、勢い余って我が家に突撃するのは、ご遠慮くださいね。

写真:ハナトラノオ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次