- 当サイトは広告を掲載しています -

晩夏・初秋の花々 – 宿根ヒマワリ・トルコキキョウ・オキザリス・アサガオ・ユーコミス・松かさ、オニヤンマ

写真:宿根ヒマワリ(品種名:レモンクイーン)

こんにちは、サシャ(@sashalog_com)です。

今回は「晩夏・初秋の花々」についてのお話です。

目次

宿根ヒマワリ

写真:宿根ヒマワリ(品種名:レモンクイーン)

キク科ヒマワリ属の一年草・ヒマワリ(向日葵)

通常ヒマワリと言えば春まきの一年草ですが、ヒマワリには毎年お花を咲かせる宿根草タイプもあります。

宿根ヒマワリという特定の種類があるわけではなく、宿根草タイプのヒマワリをこのように呼んでおります。

春先に知人から、花茎6-7cmのレモンイエローのお花が咲くレモンクイーンという品種の宿根ヒマワリの苗を頂きました。

あれよあれよという間にどんどん上に伸びていき、最終的には2メートルの高さまで到達してしまったのですが、ちょっと伸び過ぎのようですので、来年は高さ調整を行いたいと思います。

写真:宿根ヒマワリ(品種名:レモンクイーン)

上に伸びるばかりで一向にお花が咲く気配がなかったため「これは本当にお花なのか?」と、疑った時期もありましたので、咲いてくれて一安心でございます。

トルコキキョウ

写真:トルコキキョウ01

リンドウ科ユーストマ属の1年草・トルコキキョウ

トルコキキョウは品種改良が活発に行われた結果様々な品種が誕生し、現在では切り花用の草丈の高いもの以外にも、鉢花用の矮性種もあります。

写真:トルコキキョウ02

我が家では毎年切り花用として育てているのですが、花色は紫色をはじめ、クリーム色やピンク色などもあり、一重咲きや八重咲き、スプレー咲きなど非常に多種多様な品種が揃っておりますので、苗を購入する時は色や咲き方などが被らないよう注意しながら選んでおります。

写真:トルコキキョウ03

我が家ではトルコキキョウと呼んでおりますが、大手種苗会社や有名な花き市場などではトルコギキョウの名で呼ばれておりますので、そちらの方が正しい呼び方だと思います。

我が家もそのうち、トルコギキョウに…なるかな!?

オキザリス

写真:オキザリス

カタバミ科カタバミ属の多年草・オキザリス

オキザリスには様々な品種がありますが、我が家のオキザリスは葉はハート型の三つ葉の形で、濃いピンク色のお花を咲かせるオキザリス・ボーウィー(和名:ハナカタバミ)です。

我が家では毎年晩夏から咲き始めていたのですが、今年は初夏には咲いておりました。

しかも例年に比べて何だかお花が小さいような…。

アサガオ

写真:アサガオ

ヒルガオ科サツマイモ属の一年草・アサガオ(朝顔)

アサガオは古典園芸植物(江戸時代に日本で育種・改良され、独自の発展を遂げた園芸植物)の一つで、その古典園芸植物の中でも唯一の一年草のお花です。

以前はハハが丁寧に種の管理をしておりましたので、品種ごとに並んで咲いていたのですが、最近は自主性を重んじるようになったのか、上記画像のように、品種が混じって咲くようになりました。

ハハ曰く、サボっている訳ではないそうです。

ユーコミス

写真:ユーコミス

キジカクシ科ユーコミス属の多年草・ユーコミス

花の姿がパイナップルのように見える事から付けられた、パイナップルリリーという名の方が有名なユーコミス。

下記画像のようにお花は下から順に咲いていくのですが、目出たく上部まで先揃いましたら、我が家では切り花となる運命が待っております。

写真:成長途中のユーコミス

本や植物関連のサイトを見ると暖かい地方であれば戸外で冬越しが可能となっておりますが、寒冷地である我が家でも何年にも渡って冬を乗り越えております。

鍛えられたかな?

松かさ

写真:成長途中の松かさ

王蟲(オーム)ではありません。

マツ科マツ属の常緑樹・マツ(松)

マツは春先に穂を伸ばして穂先に雌花をつけ、受粉から1年以上かかって松かさになります。

今は緑色をしておりますが、間も無く茶色に変化し、そのまま冬を越して、来春になると再び大きく生長します。

迷い込んだオニヤンマ

写真:オニヤンマ

またまた我が家に迷い込んでしまったオニヤンマ

前回のオニヤンマと同様、連日の暑さで疲れ切っているようで、この有様でございます。

体が小さなトンボは元気良く飛び回っているのですが、日本で最も大きいトンボであるオニヤンマは飛ぶ気ゼロ。

王者としてのプライドを持ってしても、暑さには勝てなかったようです。

まとめ

今回は「夏の花々」についてご紹介しました。

先日の深夜、庭の方からドスン、ドスンと、何かが我が家に体当たりをしているような音と振動が聞こえてきました。

恐る恐る庭を覗いてみたのですが、特に何も見つけられず…、ドキドキしながら眠りについたのですが、次の日の朝、庭を覗いてみると古木を支えている木が1本倒れているではありませんか!

カモシカさん、かな?それとも…クマさん、かな!?

写真:宿根ヒマワリ(品種名:レモンクイーン)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次